米国株の11のセクターについてまとめてみた

未分類

米国株は11のセクターに分類されています。

特定のセクターに偏ることなく投資することでより安全に投資することが可能になります。

景気によってセクターごとに受ける影響も異なってきます。

下の表に11のセクターの一覧表を作りましたのでご覧ください。

米国株11のセクター

セクター景気影響企業
生活必需品ディフェンシブプロクター・アンド・ギャンブル、コカ・コーラ、ウォルマート
ヘルスケアディフェンシブジョンソン・エンド・ジョンソン、ファイザー、ダナハー、メルク
公益事業ディフェンシブネクステラ・エナジー、デューク・エナジー、アメリカン・ステイツ・ウォーター
エネルギー景気敏感エクソンモービル、シェブロン
金融景気敏感JPモルガン・チェース、ウェルズ・ファーゴ、バークシャー・ハサウェイ
情報技術景気敏感アップル、マイクロソフト、VISA、エヌビディア、アドビ、クラウドストライク
通信サービス景気敏感グーグル、フェイスブック、ベライゾン・コミュニケーションズ、ネットフリックス
一般消費財景気敏感アマゾン、マクドナルド、ナイキ
資本財景気敏感ボーイング、スリー・エム、キャタピラー
素材景気敏感ダウ、リンデグループ
不動産景気敏感アメリカンタワーリート

以上11のセクターがあります。

私が最も好きなセクターは生活必需品や公益事業、ヘルスケアのディフェンシブ銘柄が好きです。

景気敏感株だと、やっぱり情報技術セクターです。

注意事項
当ブログに掲載されている記事は、あくまで個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。また、くれぐれも投資は自己責任でお願い致します。
注意事項
当ブログに掲載されている記事は、あくまで個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。くれぐれも投資は自己責任でお願い致します。
未分類
tanotanoをフォローする
けむの株式投資日記
タイトルとURLをコピーしました